読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒルズで働くよりもパチスロが好き

スロット雑談>攻略情報 社会人になってもスロットが好き。ニックネームは「ドナルド」です!

パチスロ動画を素人が投稿する時代?!YouTubeってどらくらい儲かるの?

最近YouTube上にパチスロ動画が増えてきました。

主にあげているのが必勝本webとジャンバリ.TVですね。

昔からサイト上で動画を配信していたのですが、より多くのユーザーを獲得するためでしょうか、YouTubeというプラットフォームに最近では毎日動画が更新されています。

 

割と動画コンテンツについて詳しい方なので、収益面のお話などもしていければと思いますが、

まず基本的にYouTubeの動画の収益構造は動画についた広告に比例します。

動画再生前の15秒CMとか右側の関連動画の上に出てくる広告やバナー広告がメインですね。

勿論動画の再生時間が長い程広告が表示されている時間が長い為、1再生あたりの単価も高くなってきます。

 

一般的に言われているのが1再生あたり0.1円ですが、これはあくまで一般的な動画に対してです。

ここでいう一般的な動画とはYouTuberと呼ばれる人たちがメインであげている日常動画です。

彼らは視聴者が見易い再生時間5~10分を目安に動画を投稿していますね。

再生時間は視聴前に確認ができる為、長い動画はクリックされづらいのかと思います。

 

ですが、例外があるんです。

長時間でも再生される動画、それはゲーム実況です。

ゲーム実況は逆に15~30分が目安であり、ユーザーの滞在時間も長いです。

ですので、5分程の動画に比べると1再生あたりの単価も高く、良いもので0.3~0.4円程というのもあり得ない話ではありません。

 

パチンコ・パチスロ動画で見てみるとどうでしょう。

ほとんどが30分〜1時間の番組ですね。これは広告の単価も1再生0.1円より高そうですよね。

なので、自身のwebサイトで配信するよりも、YouTubeにアップし続けた方が収益が上がるなんて事があるわけです。

最近、シバターさんなどYouTuberと呼ばれる人達がパチスロ動画を上げていますが、彼らは個人でやっているわけではないんですね。

ライターと同じく、演者として出演しているだけです。

パチスロ動画には制約も多く、個人でホールに機材を置いて撮影などまずホールが許さないでしょう。

 

出費

演者の出演費+カメラマン+ディレクター+動画編集者+広告宣伝費

売上

ホールからの費用+YouTubeの広告費+その他

 

が+であればビジネスとして成り立つ仕組みですね。

ただ、出演者が人気になればなるほど出演費もあがってくると思うので、どんどん安い新人にシフトしていきそうな気はしているんですよね。

そのあたり今後注目ポイントですね!

 

なんかだらだらと書いてしまいましたが、パチスロの動画が増える事自体は良い事だと思っております。

影響力のあるメディアでもっと楽しさを伝えて盛り上がってくれればいいですね。